じいちゃんと近くの海岸で貝をとった

 お昼ごろ、突然我が父(じいちゃん)から海に行こうと電話が来た!何だろうと思いながら、子供たちと長靴を履き、バケツを持ってじいちゃんの車に乗り込んでいざ海へ!

 着いたのは近所の海岸、今禁漁?と思いながらもおもちゃのクマデで砂浜を掘ってみた、うーんアサリはなかなかいない!アオヤギ(この地方ではバカガイと言う)は沢山いたけど、アサリはかなり小さいのが、少しだけ。でも頑張って掘ってた。あまり潮が引かないからじいちゃんに何時が干潮か聞いたら今だって!びっくり。

 貝

 そのうち、あまりいないアサリは忘れ去られ、砂場で遊びだし長靴の中にまで海水が入り、ズボンはビタビタになってしまい、寒いと言い出したので、帰る事にした。一番激しく濡れていたのはお姉ちゃんだけで、下の二人は思ったほどでもなかった。帰ってバケツを見ると、まあまあ、貝が取れてた。貝殻もあった。誰だよー、食べれない物拾ってこないでよ勝ち誇り

 夜、貝を洗って、そのまま空の鍋に入れて、貝自身から出る水だけで茹でて食べた。やっぱりバカガイは砂っぽかったよ、砂っぽい貝はハズレ!という事で、貝を楽しく美味しくいただきました。またまた、ビールが進むねー。美味しいつまみは罪作り光るハート

スポンサーリンク
google adsense
google adsense
スポンサーリンク
google adsense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です